2005年10月22日

WIND HOUSE!

bord_indoor.jpg
現在、我が家には大切なウィンド用のボードが家の中に8枚とサーフィンのボードが2枚、その次に大切なボードが外の屋根のついているところに3枚、どうでもいいものが雨ざらしでウィンド用2枚、サーフィン用3枚、と合計18枚置いてある。
boed_outdoor.jpg
今までは大切なボードやセイルや海の道具達に囲まれて暮らすのがとても良かったのだけれど、ここまで増えるとちょっと邪魔になってきた。(スペース的に)
じゃあ、売っちゃえばいいじゃんとお思うかもしれないが、この中の4〜5本はまだ値が付くかもしれないけどのこりのほとんどが粗大ゴミ!
でも、いままでいっしょに遊んできて、楽しい思いも怖い思いもいっしょにしてきた道具達だから、捨てるに捨てられず。
しかも、まだまだ現役で使えるものばかり。要はケチなんだけど。
とにかく、この道具達をしまっておく小屋を作ることにした。
場所は、我が家よりも若干海に近い母の家の裏のあまっている土地。
P1010028.JPG
猫の額ほどしかないが、一部屋できるぐらいの広さはある。 よ〜〜し、ここにWIND HOUSEを作るぞ〜〜!
P1010029.JPG
ここは、我が家よりもちょっとだけ海に近く、といっても、国道134号線より海側なだけ。
でもウィンドの道具をコロコロGTXにいっぱい積んでこの134号線を渡るのがとっても大変。 高低差2メートルぐらいの坂を2回のぼらなければならず、これが疲れたからだににとても過酷な運動を強いられるのだ。
それがないだけでもとても楽になる。
道具を洗うのも、母の家で洗ってからまたコロコロGTXにつんで家まで持ってきていたのだから、洗ってからそのまましまえるなんて、天国のようだ。
って〜〜ことで、早速現地調査開始。 まずは寸法を計り、敷地の図面を手書きで書く(はく図というもの)。この図面で広さや角度を確認し。
windhousejissoku.jpg
今度は、PCで実際に立てるHOUSEの平面図を書きながらどのくらいの広さになるのか確認し、頭の中では立面図を想像しつつ全体の形を決めていく。
windhousedata.jpg
結果、広さは約14m2ぐらいの小屋になりそうだ。
14m2とは畳の部屋の広さでいうと、8.5〜9畳くらい。
う〜ん、結構広いな、ここにベンチプレスを設置してトレーニングジムにしちゃおっかな〜〜!
よ〜〜し、頑張るぞ〜〜〜!
posted by beachboy at 20:53| Comment(12) | TrackBack(0) | doit myself exterior | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
↑ 手描きの現調図面、いかにもプロの商店設計系の図面って感じで、父の図面を思い出してしまいました。
あきらかに、建築設計系と違うんです。
え? どこが?
それは、店舗系は、いきおいを重んじ、建築系は静逸を重んじます。それが、線のエンドに現れるんです。
Posted by orion at 2005年10月23日 09:32
そうなんです。
僕は今図面を描く立場になく、久々なんですが、
かつて描いている時は部下達にも太く濃く勢いよく描きなさい、と教えていました。
商業施設の場合、内装工事の為の図面なので、決められた空間の中に造作物をおさめるという設計になるので、作る材料の違いや、作るものの大きさの違いや作る人の苦労を考えて必ず”逃げ”をみるんです。
頭の中で”逃げ”を考えているから線がはみ出してもかまわない、逆に線と線がくっつかない中途半端な図面の方が何が言いたのか解らない。
そう思って描いてましたので、自然とこのような図面になってしまうんですね。
でも最近はpcで描くから、なかなかタッチが現れずらいと思いきや、実はこのPCの図面の方がタッチって出るんですよね。
ちゃんと手書きができる人とそうでない人ではやっぱりPCの図面にも違いって出ますよね。
Posted by beachboy at 2005年10月23日 10:47
そうそう、cadの上手い人は、必ず手描きも上手い。
cadにある「レイヤー」という概念を、手描きでもやっているんですよね。
線の太さというより、線のタッチの違いで、レイヤー、すなわち奥行きのある(階層のある)図面(空間)を平面上に描く。
そのような奥行きをcadで再現しようとすると意外と難しい。
結局、線の太さ、グレートーンの違いで表現するしかないんですが、あの、トレペ+青焼きの表現はまだ出来ないと思います。
でも、手描きがちゃんと出来る人は、それを再現しようと試みるから、線の太さとかグレートーンを工夫して、結果的に綺麗なcad図面になるんだと思います。
Posted by orion at 2005年10月23日 11:57
大昔、手描きの図面でプラント設計してたとき、「お前の図面は字を書いたとたんに品が悪くなる」と先輩から何度も怒られました、要は悪筆なのですがホント損をしますね字が汚いと。
どうせ、一人で段取り良くハウスを建てるのでしょうが、どうしても手が足りない時応援に行きますよ。「これをしばらく押さえていて」とか「ちょっと一緒に持ち上げて」なんて時にね?
一人で塀を作る時も、そんな局面が発生しましたから。
Posted by hyper at 2005年11月01日 13:00
あ、あ〜〜、図面のプロがここにもいたのね!
(言い訳→)あの、この手書きの図面は図面と言うよりかは寸法を忘れないように記入する為のスケッチですから〜〜(;´Д`)ゞ

そうなの、ご指摘のように私も字が汚くて苦労しました。
正式な図面は定規を使って字を書いてました。
大変そうですが、なれると速いんです。
定規に横の線だけ当てて縦、斜め、丸はフリーで書くと、とてもきれいに見えたんです。

で、現場の人工の件ありがとうございます。
困った時はお呼び立てさせていただくかも、です。
が、今回はかなり大工さんの手を借りちゃおっかなって、考え中です。

この、ウィンドハウス件、トレーニングジム件、セミナーハウス向原支部?ができたら、竣工記念レセプション魅惑を開催しますので、ぜひ魅惑セットをもっていらして下さい。

あっ、それと、ひとでが必要な時は気軽に声をかけて下さいね、セミナーハウス森戸本部の為ならいつでも駆けつけます。
Posted by beachboy at 2005年11月01日 14:56
ん?
セミナーハウスに呼ばれるなら行きますって!
魅惑セット持参ですね。了解了解!
魅惑セット持参っていいよね。気がねないしね。
で、いつ?
Posted by つゆちゃん at 2005年11月06日 13:24
つゆちゃん*
セミナーハウスと言っても、向原支部ですから。
向原支部で良かったら、是非いらしてくださいね(魅惑セットもってね)
でも完成はとてもとても寒くなってからなので、七輪用意しとくね。

でもって、ハイパーさんの森戸本部での会合はいつになるのかな〜〜?
Posted by beachboy at 2005年11月08日 23:34
そのうち神社裏にも小屋が建ったりして…

私も図面描いてましたが、縮尺が10:1が標準でした。交差も±0.005、±5’等, 図面の半分は測定方法指定で、あとは金型屋や成形屋と調整。 社内でも製品が違えば、図面の雰囲気が大分異なってました。

今はPowerPointばかりです。しかしボード18本は驚きました。
Posted by さかなへん at 2005年11月09日 06:56
そうそう、機械製図と建築製図は何が違うかと言うと、見る人(読む人)が異なるんですよね。
機械製図は、工場の人間(プロ)が見て、金型作るため1/1000の精度が求められるけど、建築製図は、直接クライアントが見たり、イエメンから来た言葉の通じない職人にも分かってもらうためビジュアル中心です。
また、機械製図は、全てに指定された寸法を書き入れ精査するけど、建築製図では、わざと寸法を入れない箇所を作ります。ようは、建築の精度は±30mmまで許容出来るから、逃げの部分を作るのですが、つまり、寸法を入れない箇所で調整してねという意味になります。でも、単純に書き忘れて、大変な事になることも少なくありません。
Posted by orion at 2005年11月09日 09:01
さかなへんさん*
そうですね、神社裏あたりに小屋を建てられたら最高なんですけどね。
ちょこっと土地貸してくれないかな?

最初建築図面を習いはじめた時、製図用の道具?
が入ったセットを買ったけど、(デバイダとか入ってるやつ)これ使いこなすのは大変だな〜と思ったし、機械製図の本を読んでも線の太さや種類の多さにブッタマゲましたが、建築図面はそんなに大変じゃなくって良かったな〜〜と思ったことを思い出しました。
最終的には内装図面の分野で働くことになったのですが。
同じインテリアでも、例えば高さ調整機能付アジャスタブルベースなどのパーツや金物の部分詳細図等の図面は機会製図に通ずるものがあります。(そういったシステムを考えるのって決行得意分野なんですけど)

で、話変わってボードの枚数、実はまだほかに4枚あるんです。
写真の小屋建設予定地に3枚ぐらい置いてあるのが見えると思いますが、これって、orionさんから譲ってもらったダイヤモンドヘッド、ファナティックのロングボードに、02型ファナティックVIPERこれまだまだ現役です(子供達の練習用)等まだあったんです。
だがら、合計22枚?
Posted by beachboy at 2005年11月10日 12:10
ねえ、ねえ、ダイヤモンドヘッド、今度乗ってみない?
Posted by orion at 2005年11月10日 18:07
べ、別にいいんですけどね!
もし、もしもですよ。
スンゲー、速くって、ギュイーンとジャイブができちゃったら、すんげ〜ショックじゃない?
Posted by beachboy at 2005年11月10日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。